<<10  2011/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚をまんきつ旅そのいち
あこと宝塚(兵庫の)に行ってきました。

もう年内にしゅうたん観れないなんて無理!!と思い、
勢いで、断られるつもりで誘ったら、あこの方から日付指定までしたうえでのOKいただきまして。

あこはご贔屓の紅ゆずるさんが今回すごく良い役で、
2番手と噂の活躍っぷりで期待大なのです。



いちにちめ

新幹線で、新大阪駅まで。
新横浜までの電車の中で、「ろみ今日メイクバッチリだね☆」と言われる。(恥)
ほんと、アイカラーとか、ひさしぶりにした。

新横浜でエスコート(あえて案内とは言わない)してくれた駅員さんが、
「目的地は宝塚ですね」と確認してきて、少しキョドる。
そういえば先月券買ったときに聞かれて白状したのでした。

新幹線の座席はおなじみのN700系、多目的室。
個室をいいことに、ぎゃあぎゃあヅカ話。
前日寝不足だったので、少し仮眠を…て考えてたのに無理でした!

富士山がものすごくきれいに見えて、いいことありそうな予感。


新大阪で降りるときに、今度は車掌さんに「大阪は観光ですか?」ときかれ、
「え。まあそんな感じです」
と、目線が泳いでしまった私。素直すぎるわたしたち。


新大阪駅から在来線に乗り換えて宝塚駅へ。
宝塚が近づくにつれて高まるあこの興奮。わたしの緊張。


というのも、近場に宿泊する手前、
なんとか待ちは避けられまいと。
でも東京とは勝手が違うようで、ど緊張していたのです。
(てゆうか手紙とかばっちり用意してきたんだけどね。)
あこ「ろみなんか手紙直接渡せちゃうかもよ♪」とわきゃわきゃ。



12時ころ宝塚駅に到着すると、あこはホームの駅名表示を撮影していました。
わーい♪観光客☆

お昼は大御所さんおすすめのカフェに。
内装になんだか見覚えあると思ったら、そのお店で撮影したようなお写真持ってた。



ここで私は緊張で壊れ始めます。これ、後々まで影響します。

「あー。こわい」
「やだやだやだやだ」
「もう帰りたい」
「もーなんで好きなんだかわかんないよー」

ネガティブ発言連発。



それでもなんとかイングリッシュスコーンを飲み込み(おいしかったです!)大劇場へいそぎます。

これが花のみちかーと感動するあこ。


見えてきた、オレンジの屋根。




つづく♪
スポンサーサイト
「しゅうさん!しゅうさんありがとう!!」
なぞのDVD-RW
もう何年も前に録画しておいた何かが入っている。
整理目的で中身を確認しましょう。


再生してみたら、相棒シーズン7が入っていました。
右京さん単独シーズン。
2008年2月放送らしい・・・


しかも、某歌劇団に似た劇団が出てくる話!!
び びっくりしたー!!

そういえばそんなお話あったけど結局みてないわぁと思い出したんでした最近。




「いばらき しゅう」という最近劇団を卒業…じゃないや引退した男役トップスターのまわりで殺人事件が。

そんな「しゅうさん」の引退公演を、右京さんとたまきさんが観劇するシーンがありました。
ファンたちが、舞台のしゅうさんに「ありがとー!」って言うの。
そんな場面からの、今日のタイトル。



某かわゆイケメンのことではない。が、


しゅうだってー!しゅうだってー!!あははー!!



舞台の様子は・・・ニヤニヤ。
演者のビジュアルも・・プププ。

「新人公演」なんてワードが出てきたから、おぉと思ったけど、
同期全員での初舞台のことらしい。





いやーおもしろかったー!いろんな意味で!
これにはOGも出れないだろうな!
みっちーいなくて良かったね。


こんなのやっっちまった相棒が、その後宝塚で舞台化されたのがちょっと不思議。


私はいつの日か、相棒に、真飛聖さんがゲスト出演することを願っています。





来年の手帳
来年の手帳あのイギリスのブランドのにしました。

moblog_38858242_20111111235747.jpg

なんか、しあわせそうでしょ。




でも…見た目だけで選んだらちょっと不便なとこもちらほら。




まずあれだ。日本の祝日が印刷されていないのでシールがついてた。
マンスリーとウィークリーにちまちま貼る。

あとウィークリーのとこ、月~金に比べて土日のスペース半分。
イギリス人、土日は予定ないのか。


そして、ウィークリーのスケジュールをかくページの月が、数字で書いてくれてない。
November・・・あ、11月か。 
とゆう脳内レベルなので、実に不便だ。


ということで、インデックスをつけてみました。

moblog_0b1c6e6a_20111112013616.jpg

鳥さんいっぱい。ぴよぴよぴよ!


とむが来た!
11月3日、我が町にとむがきました。
花組全国ツアー「ちいさな花がひらいた」「ル・ポアゾン 愛の媚薬�」

チケットは、先輩(りゅうさん)の同期の大御所さんが、お取り次ぎくださいました。
ありがとうございます!!

たいへんすごいい席で、座席にたどり着いてから、私とりゅうさんは借りてきた猫のようにびびっておりました。
「こ、こわい・・・」
「ろみちゃんが言ってた“(優等生ファンを)装う”って意味が
よくわかる」
↑って、そんなこといまここで言わなくても~とろみは思いやした。

でも本当、いつものダメダメファンぶりでは怒られてしまうんじゃないか・・という妄想を、
気にしすぎなふたり、どんどん膨らませていました。

あ。ちなみにりゅうさんは、ちえ(柚希礼音)さんに対してはピュアでキラキラな素敵ファンです。
りゅうさんの名誉のため申し添えます。


大御所さんがお座りになってるのがばっちり見える席で緊張マックス!
大御所さんのお隣はさらにさらに大御所様らしいしい。



でも、とむの声で開演アナウンスが流れたとたん、テンション急上昇です。

とむだっとむだっ!


「小さな花がひらいた」は時代劇のいわゆる人情ものです。
とむは大工の若棟梁で自らも火事で両親を失いながらも、同じ境遇の孤児たちを引き取ります。
で、その子どもたちに「棟梁のおじさん」と呼ばれてるのがまずにやにや。
おりつは「お姉ちゃん」なのにね。


で、わたしはしゃぎすぎまして。
まず登場シーン。
客席のドアからなんですが、わたしの席直近の通路をお通りになって舞台へ。なの。
なんかね、振り返ると、きゃわー!とむがそこにっ
うひゃひゃひゃひゃー!ぱちぱちぱち!
ってなってるとこ大御所さんに見られた。絶対笑われた。

そして落ち着いてみるとさっきまでにぎっていたオペラグラスがどっかいってました。

直後とむの歌ガン見したかったのにできず。



オペラグラスを取り戻してからは、ばっちりとむを観察。

それでわかったのですがねえ。なんかずるいの。
あの時代劇メイクがやたらかっこいいしね、かつらのせいか知らないけれど眉毛の動きが抑制されて顔が崩れない!

あーとむの個性がひとつ失われた。
ただのかっこいいトップスタァだ。(褒めてる)


たいへんおなかいっぱいでございます。

りゅうさんも、お話がなんだかつぼだったみたいだし。よかったよかった。



ル・ポァゾンは、いろんなとむがいました。

で、変わらぬ姿を、大好きな、あのまゆげ。確認できてうれしかった!
もっといろいろあったけどー
なんかながくなっちゃったからやーめた。






続きを読む

なんとかリング
ついにあの分厚い本を買いました。

その別冊になってた、わたしが今一番ほしいもののいっぱい載っている本をぱらぱらめくっていたら、いいのみつけちゃった。





これはぜひおみに!
私にとって月下美人といったらおみ。いつまでも。
いや、もうマジでどうですか?






で、いちページめくりましたら







あこー!あこー!!(゜ロ゜;




あぁだめだ・・・これじゃあ誰に永久の愛を誓うんだかわからないー
でもいますぐ買えるよ!!
いや、今こそふさわしい!!!


ごめん。こんなんでわたし。
こんな人生の分岐点でふざけてごめんなさい。

ちなみに私はまだ盲目的に、あの水色のブランドがいいなあとおもっています。
プロフィール

ろみ

Author:ろみ
いつもお世話になっております。ろみです。
ジブリとクラリネットとねこが好き。
マイペースでリハビリちゅう。

あ。生きてるだけで、それなりにしあわせです。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。