<<12  2012/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしにとっちゃあ大冒険
土曜日、某劇場へ行くときのこと。
朝の地震のせいで、りゅうさんが待ち合わせの時間に来れず、
乗るはずだった乗換1回劇場最寄駅☆楽ちん電車も30分遅れとの情報で
ろみはひとり新宿駅へむかいました。
時間の猶予は、あまりない。

最初のプランは某私鉄で新宿まで行って、
JRに乗り換えて有楽町。
到着予測、開演30分前。


ひとりで電車に乗るときは、駅員さんに板(スロープ)を頼むのだけど、
JRがね、新宿の駅がね、板要員の駅員さんが駆けつけてくれるまで10分15分平気で待たせるんですよ。


でも、某私鉄の駅員さんに新宿でJRに乗り換えるって言ったら連絡してくれるって、
そしたらJRの駅員さんも準備しててくれると思うって言うから
JRで行こうって思ったのに。

新宿で降ろしてくれた某私鉄駅員は、乗り換えのことには一切触れず
「お気をつけてー」とな。

なんか見送られたな、今。

とりあえずトイレに行ってから、改札の駅員にも
「連絡してくれるって乗った駅で言われて来たんですけど」
と話したら、かみ合わず、JR西口までの行き方やさしく説明された。
スロープの場所とか。

そんなの知ってるし!!

これはだめだ。
丸ノ内線で、銀座 にプラン変更。
到着予測 開演30分前
銀座は有楽町よりちょっとだけ遠い。


丸ノ内線の改札まで行くには小田急とJRを通り過ぎ階段をちょっと降りる でしょ?
その階段横にエレベーターがあるんです。
それ、乗りたいんですけど。

乗りたいんですけど、ボタンの上に「調整中」

乗れない。


なんかね、あれだね、人間追いつめられると
大きい声が出るね。

ちょうど警備員さんが目に入って
「すみませーん!!」

と言ったと同時くらいに後ろから「けいびいん!けいびいん!!」
とお兄ちゃんの声が。

そのお兄ちゃんは「担いでやんないとしょうがねえだろ」
と、車いすごと私を持ち上げる勢い。

「わたし、階段降りれるんで、車いすだけ運んでいただけますか!」

ということで警備員さんのお手を煩わせまして階下に降りることに成功。

ありがたいんだけど、慣れない人におみこしはマジ怖いです。


無事丸ノ内線に乗れて、銀座に到着。
最短ルートで駆けつけてくれたりゅうさんと改札あたりで合流しヨユーで劇場到着できました。


あーあせったー。あせったけど、私にしては臨機応変に大冒険だったな。
でも意外とひとりでも行けるもんだなってちょっと自信になったかも。


某劇場では支配人様がお出迎え!
元花組トップスタァの甲にしきさん。
母の大好きな、萬屋錦之介さんの奥様。
オーラが違いました。携帯ストラップぎらぎら☆
帰って母に自慢したら「小川支配人」に萌えてました。

客席では、となりにすごいマダムがお座りになっていて
私のことなぜか知っていて、
超話しかけられて、緊張しました。

すごいんですよ。
こーゆーマダムってほんとに実在するのね!って感じ。

せっかくりゅうさんと観に来たのに、一生懸命言葉を選んで

「しゅうちゃん」「かっこいい」「イケメン」

しか言えない辛さよ・・・


あ、しゅうたんはもう、すごかわいくてろみは超幸せでした。
いつも笑ってないとこも笑顔だった気がしました。

でも、ちょっと顔芸みたくなってるとこがあって、その道はヤメテ・・・!
と思いました。

終演後マダムに私今日で最後なんですーって言ったら
「あら、だからしゅうちゃんあなたのほう見てくれて。この幸せ者!」
とおっしゃいましたが、マダムの方を見ていたんだと思いますが!?


しかし、どこで誰に見られているかわからない。
一方的に覚えられちゃって困る。

この前もマンションのエレベーターで話しかけてきたおばさん、
私の職場まで知ってた。
ちょーこえぇー。
スポンサーサイト
そんなわけで
東京でも何度か観に行ってるわけですが。オーシャンズ11。



水曜日はあことゆーらと行ってきました。

そろそろふたりっきりにしてあげた方がいいんですよね。
仲人的には。


あこが紅ゆずるファンとしてどのように行動するのかを観察したかったんだけど、
なんか席も離れちゃうし、次回に期待だわ。


あこは彼氏とさゆみを両立しててすごいなあと思ったいちにちでした。



そうそう、原作観ました。映画。
りゅうさんがDVD貸してくださって、ムラ後にゆーらとみました。
先月ね。


まず思ったのが、よかったーヅカ初見の前にみないで。ってこと。

しゅうたんのブルーザーはあこの言うとおりスキンヘッドの大男で、
先にみてたら、かわいいかわいいしゅうたんみながら
あの人が脳裏にチラつくところだったわ。


映画の最後は、え、それでいいのテス!?

と驚きました。ハリウッドすげー


いちばん原作通りだと思うのはソール・ブルーム。
その次、ライナス・コールドウェル。


って感じだな。





今回私にしてはものすごい回数観に行っていて、
通帳の振り込んだ記録をみると戦慄がはしる。


それはそれとしてその分だけ
ムラと東京と変わっているところがあったり、
あこのさゆみさんがセリフ間違えたの発見したり、
しゅうたんはどんどんかわゆイケメンだし、
とてもたのしんでいます。


あげくのはてしゅうたんがたかひーぽくみえたり、
夢乃聖夏さんが高橋だいちゃんぽくみえたりしてます。



ところで「おれたちは誰にも危害は加えない」
とか言いながら
意識を失ってるひととか(あ、これ人形だったっけ)
縛り上げられちゃってるひととかいいんですかね。(笑)


ま、テスだもんなぁー。



そんで明日はりゅうさんといってきます!
ろみ最後!

ついにおわる。
11月末からのなんかいろいろよくわかんないこと立て続けに起こったしゅうたん月間。
ブログもなんか、しゅうたんばっか。


いっぱい観れたおかげで、ろみは前々からいつかやってやろーと企んでたことをやらかしてしまうましたよ。

なんでオレンジのコピックなんか持ってたんだろうか。
高校生の時の私、買っといてくれてありがとう。



2月は穏やかな日々を送ります。
真面目に仕事します。



では最後に、先日のあこさんのお言葉
「ろみはオタクだけど腐ってないから大丈夫!」


最近もうひとりのわたしみたいのがいる気がしてね、
そのわたしは某メイトに頻繁に通う、腐女子なんだ。


もう自分でも腐ってるか腐ってないかわからなくなっていました(涙)
あこがそう言うなら、そうなんですよね。

ごあいさつがおくれました
あけましておめでとうございます。
おねんが2012

*特別出演:ハクさま

千尋の澪の深淵とばかりに深みにはまっててる私ですが今年もあたたかく見守ってやってください。
プロフィール

ろみ

Author:ろみ
いつもお世話になっております。ろみです。
ジブリとクラリネットとねこが好き。
マイペースでリハビリちゅう。

あ。生きてるだけで、それなりにしあわせです。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。