<<04  2014/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカラヅカが好きすぎて。
タカラヅカが好きすぎて。タカラヅカが好きすぎて。
(2014/04/10)
細川 貂々

商品詳細を見る
『タカラヅカが好きすぎて。』という本を買いました。

作者は細川貂々さん
『ツレがうつになりまして』略して『ツレうつ』を描いた方です。

『ツレうつ』はね、私が大学3年のとき、バイトが嫌で仕方なくて、
バイトやだーと思いながら本屋さんうろうろしていた時に見つけて、
うつっていう重めのテーマにゆるいイラストが気になって買った。
バイト前に家で一気に読んだ記憶がみょーに鮮やかに残っている

そのあとも、『イグアナの嫁』『どーすんの?私』『びっくり妊娠なんとか出産』
などいろいろ読みました。

『どーすんの?私』なんかは、病気で入院して入院中大学卒業して内定辞退して退院して、
これからまた就職活動か・・・というときに読んで、主人公のだめっぷりになんだか救われたものでした。

その細川貂々さんは、いま、どっぷり宝塚にはまっていて、兵庫県宝塚市在住なんですって!

宝塚ファンであることは、『びっくり妊娠なんとか出産』のなかで、
妊娠がわかってツレさんに「じゃあタカラヅカもキャンセルしなきゃね」と言われるシーンで知りました。
それもどうやら全組まんべんなく観てる様子で描かれていて、このひとヅカファンなっちゃったんだ!!
わーすごーい!と思って、そのコマゆーらに写メした。

そんな貂々さんがタカラヅカが好きすぎる本を出したそうなので・・・まあ買うよね。
(つまりヅカつながりだけで、このひとの本を買っているわけではないよということを言いたい(笑))

本人がモデルの30代女子が宝塚にはまって(というかトップスターに恋をして)変わっていく・・・というお話。
宝塚を好きになる経緯とか心理とかは私とは全く異なるので、それほど共感できませんが、
観劇をするために苦手なことを克服してくところは、わたしもそうだったなーと思い返したりした。
意気込みは、全然違うんですけど。

病気して、外出に車いすが必要になって、電車とか都会とか人ごみとかほんとは避けたいけど、
ゆーらが行こうって言うから・・・・行くか。
というとこから始まり、観劇が楽しくなり、ゆーらが車いすの扱いに慣れてくれて
ゆーらとなら行ける! となり、
ムラに行くためふたりで新幹線に乗ったり、病気後初外泊!ツインのお部屋に泊まったりした。
博多座にも行ったし、名古屋も行った。
心理的な面でもいろいろ乗り越えた。

ゆーらが日本にいないときでもスカピン観に行くため、ひとりで電車に乗って、日比谷でおみと待ち合わせして観劇した。
とうこさんの退団公演を観るため一人で劇場に行った。(空をたぶらかし迎えに来てもらった。)

なんだかいろんなひとを巻き込みながら、私もいろいろ克服したなあとふりかえってしまった。

最近じゃあ乗るはずだった電車が止まったり大雪が降ったりしても、なんだかんだたどり着いて観劇している。

たくましくなったなー
いつか私も、このハナノミチルさんのようにひとりでムラに遠征するように・・・・(いまのところなる予定はないです)
スポンサーサイト
るろわそれいゆ
太陽王ですが、
娘役さんがーみんなかわいくてどうしよー
ちえさんのルイ14世の恋愛を軸に描くとのことで、初恋の人やら、妻やら、寵妃やら、最後の妻やらもうあなた、みんなかわいいって!
きさきあいりちゃん(マリーマンシーニ)て、動きがかわいいなー。フィナーレのダンスの感じもかわいい。好き。
優香りこちゃん(王妃マリーテレーズ)は死に際が、切なすぎでしょ。このひとほんとに薄幸だわー
壱城あずささん(モンテスパン夫人)はね、黒ミサのおみ足ガン見は避けられないね。
ふうちゃん(フランソワーズ)は説得力のある演技だった。落ち着いていて実力派って感じ。

あとあと、あの、私、愛水せれ奈ちゃんがすきです!
顔もいいんだけど、胸元が!(まだ言う)
骨がすけてるところが、いいんだよね。でもガリガリじゃないの。あー憧れるー

ドレスがまた個性的でしたね。あの足首がみえるところがまたポップな感じで。

ところで私、真風さんの出てくる場面が、なんだか物語の本題に関わりきれてない気がして。
うっすらなんなのだろう・・・という疑問が。
真風氏は捕まっちゃうけど、ちえさんは愛する人と結ばれてめでたしめでたしなんでしょ。

ブルボン王朝は最盛期を迎えていても、市民は苦しい生活を強いられれていたのね。
そしてフランス革命につながっていくのね、と思っておけばいいんでしょうか。


はい。
それでねしゅうたんがね!

最初はね、フロンドの乱で、紐ふりまわす群衆。客席通路を走ってくる。
茶髪のもしゃもしゃでね、はふ。かわいい・・・

なんでしょうね、この幸福感は。私、どんだけ毎日辛いんでしょうか。
や、全然つらいことないです。でも、幸福感すごかったんですよ。
汐月しゅう@スカピン民衆だいすきなわたくしにとりましては、やむを得ない反応でございますな。

そのあとは宮廷
あのね、しゅうたんの、頭へんなの!

あ、ちがいますちがいます!
しゅうたんの、てか、宮廷人という人たちが、髪型が斬新すぎて動揺する。
しゅうたんはなんかロングの金髪毛先くるくるに、円錐状のぐるぐるまとめた髪が頭頂部やや後ろにふたつついてる。
耳みたいに。でも耳じゃないらしい。
あこがちびうさって言ってたけど、まさに。(笑)
如月の蓮さんなんて、なんかおでこについてるし。形容できない。
宮廷人女子も髪型すんごくて、それがポップな色遣いのドレスによってそんなに浮かない、と思う。
しゅうたんの衣装は胸元やら袖やらにピンクのりぼんがついてる。形はよくある貴族の服でしょー
頭耳みたいなのはえてて、ピンクのリボンいろいろつけてるひとに、国王もいろいろ言われたくあるまい)

でもちえさんとかまさこさんとかその他主要メンバーは髪も衣装も普通なのよね。(紅のぞく)


私今回、しゅうたんが髪色明るくしたってのを知って、それだけで、あー仕事がんばろ!とか思っちゃって。
相当金髪狂いなんですけどね。
ちびうさ見て、あ、これなのか。って思っちゃった。ごめんね。

とまあ、そんな具合に斬新なビジュアルに動揺し、初回はついて行ききれずあんまり覚えてないのです。
観劇後もなんだかいまいち盛り上がらなくて、なんでだなんでだって考えちゃった。
あんな耳みたいのつけて、かわいいの押し売りじゃないのか!
押し売りされても引いちゃうわよ!!とか思ってしまった。

ベルサイユ宮殿できたときだって、振り付けがかわいいの押し売りだよね!(笑)
わたしはどちらかというと、かっこいいのなかのかわいいを探すのが好きなのだ。
私的ツボしぐさを見つけたときのうれしさったらないのです。


そんな私のお気に入りは、陛下が戦争行くと言い出して、戦場での兵士でね、サーベルで一生懸命戦う。
このときのダンスももちろんいいんだけど、ちょっといいの?ほんとに!ってくらいにかわいいんだけど。
死んじゃってから、真風氏の歌でよみがえったらね、、
自分のために生き抜くのだの歌うたってるときの死者的表情が!
ちょっともうどうしよーほっとけない、おばさんが守ってあげるわ!みたいな気持ちにさせる、いい顔なんです。
きゅんきゅんしちゃうじゃないかーもー

それに、これ観るだけでも行く意味あると思わせたフィナーレの黒えんび。
あのね両手を挙げて跳ぶところがね、しゅうたん、いいんですよ。ふふふふふ。

しゅうたん、最後、手振ってるとき、手をぱくぱくしてたよ。自由だねーかわいいねー

あーかわいかった。やっぱしゅうたんがいちばーんかわいいなあぁ!!むふむふ


終演後劇場で制服姿の女の子が、「もーゆりかさんがやばいー!」
って言ってた。そうか、あれくらいの子たちからしたら、ゆりか”さん”なんだなー
私はどっちかっていうとゆりかちゃんだなー
ゆりかさんか。そうかーってちょっと世代差を感じました。私、20代もあとすこし。


なっが
順調に、育っています
土日の予定の話をしていたら、
「お茶会にむけて買っておくものはないの?」ときかれました。

わ氏よ・・・わが子ながら的を射た質問だわ。(あ、子じゃねぇや)
もうその時には買うべきものはなかったけどね。

ナポレオンからこっち、スカステなんか遠慮なしにつけちゃって、録画したニュースとかご飯食べながらみてる。
稽古場映像なぞ、私が「あ!いた」と言った直後にしゅうたんを見つけている。
「テレビからこの距離でよく見つけられたなーよく育っただろう」と自分で言う。

初日映像に至っては、テレビの前でふたりして、しゅうたんを見つける会のようなものを催してしまった。
ろ「あ。これだ!このひと!ほら!」
わ「ほんとだ。りんかくがそうだね」

ろ「んー動き的にはこのひとなんだけどーほら、よくこういうのやるじゃん?」
わ「身長的にはそうだと思うけど・・・いや、もうわからん」

ろ「まっ!ひあー!」
(巻き戻し)
ろ「ほら!みて!ふああああっ!ばかぁーかわいいいいいい!!!!」
(巻き戻し)
ろ「はーっ かわいいかわいいね!もうこれ観るだけでも行く意味あるわー」

わ「・・・・よかったねー」


先日など、「花組と星組のオーシャンズ11、最後の階段のとこだけでいいから見比べてみてよ」とか言い出すしまつ。
曲のつながりがどうとか、どちらがより終わりっぽいかとか、衣装がどうのとかいろいろ言ってた。

平和だ・・・よかった平和で。
プロフィール

ろみ

Author:ろみ
いつもお世話になっております。ろみです。
ジブリとクラリネットとねこが好き。
マイペースでリハビリちゅう。

あ。生きてるだけで、それなりにしあわせです。

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。