<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間です。
金曜日の地震のときは職場にいました。

最初はいつものたいしたことない地震だと思っていたのに
ぐらぐらだんだん大きくなって、可動式のキャビネットがぐわぐわ動いて
座ってる椅子のキャスターもぐらぐら動いて揺さぶられて
とっても怖かったです。

うちの職場の役割上、建物はきっと丈夫にできているからここはきっと安全だけど
今離れたとこにいる家族や、友達や、川崎のひとなんかとは、
もう離れ離れになっちゃって、わたしひとりぼっちになっちゃう!
とか瞬時に考えてしまったらしく
揺さぶられながらもなんだか涙が出てきてほんとうに使えない職員でした。


特に母のことが心配で、その日は病院に検査に行くとだけ聞いていて、
どこの病院かもわからなかったので連絡取れるまではほとんど仕事が手に付かず、
もう、ほんとうに使えない職員でした。

幸い自宅から徒歩圏内の病院に行っていたようで、ちゃんと歩いて帰れたそうです。

そんな中でも地震後、17時まできちんともくもくと仕事をしている
非常勤職員さんはえらいなあと思いました。



終業時刻の少し前に、自宅のあたりが停電していることがわかりました。

停電してるってことは信号が消えていて運転が不安。
停電してるってことは帰っても機械式の駐車場が動かなくて車をしまえない。
停電してるってことはエレベーターも止まっていて13階の我が家までたどり着けない。

そんなわけでしばらく職場に残ることにしました。

なんか、たぶん先輩付き合ってくれてたな。あれ。
温かい飲み物を飲みながら、おしゃべり。


職場のエレベーターも止まっていたんだけど、管理してる課のひとがわざわざ来てくれて、
「必要なときは動かせますから」と言ってくれました。

いちど選挙で一緒になって、あとは月一回の仕事で顔をあわせるだけのひとが
様子を見に来てくれました。


2時間たっても復旧の気配なく、「このままじゃあ泊まるようになっちゃうよ」と言われ始めたころ、
帰れなくなった人を送れるようにって車で職場に戻ってきたひとが現れた!ヒーロー!
なんと、13階くらいなら担いで階段登ってあげると言ってくれたので
やっぱり運転も怖いし送ってもらうことにしました。
マイカーは、職場において帰りました。

管理組合にかけあえばきっとエレベーター動かしてもらえると思ってたけど、
万が一おんぶしてもらうことになったときに身軽にするため車いすは車にぶちこんでおきました。

そして一緒に残ってくれていた先輩が見届けるって同乗してくれて、
真っ暗な国道を送ってもらいました。


職場の周りはいつもどおりなんです。

スーパーでトイレットペーパー買いまくってるおばちゃんとか
パチンコを楽しむ人とか見えました。

でも行政区の境目手前あたりで暗い道に。

これがこんな災害のときじゃなかったらちょっと楽しめるのに。
と思っちゃうくらい普段とは全く違う雰囲気です。

明りは車のライトのみ。
大事な信号はお巡りさんが発電機つないでつけていました。


マンション着いたら母と近所の役員のおばさんが降りてきていて
「エレベーター動かしてもらうよう言ったからー!」ってことになってました。
ほかの棟も順番に動かしてるようで、少し待てば乗れるってことで、
初めて1階の応接室みたいになってる共用スペースに入って待ちました。

役員らしきおじさんが備蓄の乾パンの缶カラカラさせながら
「もうすぐ動くよー」とか言ったりしてて
なんだかリタイア後の時間のある方がすごく活き活きしてました。


先輩たちはエレベーターのドアが閉まるまで手を振ってくれて、本当に見届けて下さいました。
帰りに職場に寄って、災害モードで待機してた課長に私が無事帰れたことを伝えてくださったそうです。


なんかもう、みんなありがたいです。もったいないです。


帰ってからは、非常電源が動いて水が出るのは22時までってことだったので
トイレ流す用のお水をくんだり、水出るうちに顔を洗ったりして
ろうそくの灯りで母とふたり冷凍のラーメン食べて、タイムリミット前に布団に入りました。


電気は私が寝たすぐ後に復旧したようです。




数時間停電しただけで、自分は災害弱者であることを、
いや、必ず災害弱者となるであろうことを確信しました。

でも数時間停電しただけなのにいろんなひとに助けてもらいました。

なんだか、意外となんとかなるもんだなと思いました。


神奈川のしょぼ政令市でも、朝からガソリンスタンド渋滞ができたり、
スーパーのパンの棚がからっぽだったり毎日停電したりしてます。

これから先どうなるか、
さしあたって来週の通勤のためのガソリンとか・・・
少なからず不安ですが、楽観することは大得意なので
いいつけをまもって買占めせず、エレベーターに閉じ込められないように注意して
まあなんとかなるよーと思っておちついて過ごしたいです。

計画停電も第○グループというのを○組さんと呼んで楽しんでます。
「何組?私○組なのー」 「あ、一緒だねー!」
ってクラス替えみたいでしょ



ピクがブログ更新して安心しました。

地震・津波・原発。
ニュースを見るごとに不安と心配は尽きませんが、
私にできることは節電と義援金くらいなので、できる範囲で応援します。

幸い、募金の封筒が回覧されるような職場です。
毎年の赤い羽根募金のときは財布の大掃除をしたような
集計がむなしくなるほどちっちゃい小銭ばっかりなのに、
今回はいっぱいお札が入ってました。

みんな、何か役に立ちたいんだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

ろみ

Author:ろみ
いつもお世話になっております。ろみです。
ジブリとクラリネットとねこが好き。
マイペースでリハビリちゅう。

あ。生きてるだけで、それなりにしあわせです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。